カップル

彼女を悩殺する婚約指輪を選ぼう|豊富な種類

ハワイに伝わる大切な家宝

リング

長い伝統を持っているハワイアンジュエリーは、オリジナル性が高い指輪です。そのためハワイアンジュエリーの婚約指輪もフルオーダーメイドが多く見られます。ハワイアンジュエリーの婚約指輪を購入する際には、お店のサポートの良し悪しにも注意です。長く指輪を使うためには、サポートが重要なためです。

詳細

自分達で選ぶことが可能

花嫁

東京にはウエディングドレスをレンタルできる貸衣装店がたくさんあります。結婚式会場と提携しているカシ貸衣装店だけでなく、自分達の好きな店からドレスをレンタルできる場合もあります。ホームページをチェックして魅力的な貸衣装店を見つけましょう。

詳細

選ぶ基準と素材の特徴

カップル

婚約指輪を選ぶときの基準は主に次のようなものがあります。まず宝石の素材、宝石の色や質、デザインの3つが代表的なものになります。こうした婚約指輪それ自体にかかわるものも大切ですが、既製品かオーダーメイドかということも大切な要素になってきます。既製品の場合はデザインや宝石が既に決まっているもののことです。カタログ販売品になります。それに対して、オーダーメイドのものはセミオーダーとフルオーダーの2種類があります。前者は宝石、リング、デザインを自由に組み合わせるものです。オリジナリティを十分に持った婚約指輪になります。後者は宝石、素材、デザインを自分で決めるものです。

婚約指輪に使われる材質にはダイヤモンドが多いですが、それ以外にも次のような素材が高い人気があります。パール、ルビー、サファイヤなどです。まずダイヤモンドは硬度が高く、永遠の絆を表す宝石です。パールは、ダイヤモンドがまばゆい輝きなのに対して、優しい光沢を持っていて、純潔をあらわす宝石です。さらにルビーは赤い色が特徴的で愛の炎をあらわします。最後にサファイヤは青い色をしているのが有名ですが、非常にいろいろな色がありますので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。よく高潔や崇高を表す宝石とも言われています。これらの宝石の素材の中で最も人気が高いものはダイヤモンドで、全体の9割の男性が選んでいます。他の宝石の中ではサファイヤが人気が高くなっています。

純白のドレスを着よう

ウーマン

ウェディングドレスは種類によって肉がはみ出たり太り気味に見えるので、ちゃんとしたものを選びようにしましょう。オーダーメイドでウェディングドレスを作ってくれるサービスもあります。こちらはサイズ調整やデザイン設定を自由にできるのです。

詳細